コンタクトレンズの歴史

膨大な歴史が確認されているコンタクトの世界です。単純なガラスから、ガラスとプラスチックの半合成に発展し、その後では全部プラスチックで作成されるようになりました。現代はプラスチックもハードな素材からソフトなプラスチックへと進化していきました。現代は使い勝手を考えて、使い捨てが可能になりました。
このごろはネットショップを介してコンタクトを購入する人がほとんどです。その理由は、やっぱりお店と比較して通販を介して購入した場合が楽であるためでしょう。しかし、ネットショップにおいて見られるコンタクトレンズの中には品質がよくないものも含まれている可能性もあるので、毎回検討するようにしましょう。
目の悪い人にお伝えしたいのはオルソケラトロジーと呼ばれるものです。オルソケラトロジーというのは、レーシックとは異なり、専用のレンズをつけることで手術をせずに目を見えるようにするもので、けっこう負担がかからない医療技術です。手術に抵抗があったり、手術に適さないと眼科医にアドバイスされた人に向いています。
現在のコンタクトレンズは全部プラスチックで作られていますが、硬いハードタイプのコンタクトと柔らかいソフトのコンタクトレンズが存在します。それぞれに利点、弱点があります。ハードタイプの利点は酸素を目そのものに通すところだと言えるかもしれません。眼球が酸欠状態になりにくいメリットがあります。

日々の手入れが駄目だと、コンタクトレンズの寿命はみるみる短くなります。一般的に見てハードレンズで2年ほど、ソフトのコンタクトで1年から1年半が寿命と考えられます。日々の洗浄をちゃんとやって、コンタクトを利用しない時間を伸ばせば、期限いっぱいは使用ができます。
耐久性の低い使い捨てのコンタクトレンズは、余りにも装着期限を超えて使っていると破れてしまう恐れがあります。まれに目玉に装着した状態で何らかの衝撃で破れてしまうケースもあるので注意が必要です。倹約を意識して使用期限を過ぎた状態の使い捨て用のレンズを装着しないでください。

コンタクトレンズの手入れ方法はコンタクトの種類により変わっています。ハードタイプの場合は、つけおき洗浄が基本の手入れになってきます。専用の洗浄液につけておくだけで、使用するときは軽く水ですすいでから使用します。ソフトタイプの場合も、専用の液で洗浄し、装着時は水で洗浄せずそのままで装着してください。
柔軟なプラスチック素材で作られているソフトタイプのコンタクトです。眼球への吸着感も良くて、眼の違和感もほとんどありません。ただし、眼球にぴったりと密着するため、目そのものが酸欠状態になってしまうリスクも確認されています。そのデメリットを克服するべく、ソフトレンズの研究者は努力しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *