どんどん使いやすくなるコンタクト

生まれて初めてコンタクトを装着する、もしくは普段使っているコンタクトレンズが全然合っていないと感じている人なら、きちんとした眼科に行きましょう。コンタクト店のコンタクト外来は後期研修医など専門外の医師が主にアルバイトでやっているケースが多いので、できればきちんとした眼科医の下に行きましょう。
コンタクトにおける酸素が通過する度合いをあらわすものを酸素透過率といいます。酸素透過率の優れたレンズの方が当然として瞳にかかる負担は軽くなるのでコンタクトレンズを選択する際にはできるだけ性能の優れた製品を選びましょう
かかりやすい目の疾患の一種といわれる結膜炎の発症を予防するには、当たり前のことですがコンタクトをきれいに洗って毎日清潔に保っておくことです。さらに感染者と同じ点眼液を共有しないことも大切です。ところで、アレルギーよってかかる結膜炎は落ち着いても体質によってはまた再発する場合がみられるようです。
中にはコンタクトにアレルギー反応を持っている人もいます。コンタクトを付けると、目玉が充血してしまい、上まぶたの内部にぶつぶつとした炎症が出てくる症状です。コンタクトアレルギーの人は思い切って眼鏡に戻した方がいいかもしれません。もちろん眼科医の下に足を運べば薬を処方してくれますが、体には負担になってしまいます。

コンタクトのトラブルは、たいてい慣れたころに決まって起こります。レンズを洗わないで続けて装着していたり、コンタクトレンズを装着したまま眠ってしまったり、いろいろな行動をし始めて結局痛い目を見るのです。最悪のケースでは失明の危険性もあります。注意して利用しましょう。
コンタクトレンズは医療向けのツールです。そのため医者の処方が本来は必要になっています。処方が無くても大丈夫な色付きのコンタクトを適当に装着した結果、体に合わず、目の重篤な疾患が引き起こされてしまうケースもあるのです。処方せんをもらった方がいいです。

失明してしまう要因の一つとして増えているのが、コンタクトレンズの不適切な使用によるものみたいです。もともとコンタクトを入れるという行為は目に異物を入れることと同じなので、いくら性能がすばらしくてゴロゴロした感じを感じないにしてもコンタクトレンズをずっとそのままで着用したり、洗浄することを面倒くさがったりすることのないよう留意してください。
角膜乾燥症にならないようにするには、角膜乾燥症に効く点眼液を点眼して涙の量が足りなくならないようにしたり、空気の湿度が低くならないように調節したり、コンタクトレンズを長時間つけないようにしたり、アイメイクは派手にしない、眼球をあまり使わない、ということが効果的です。さらに運動や食生活にも配慮しての血の流れをよくすることも効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *